Mail 起動後、メニューバーの【Mail】から【環境設定】をクリックします。



【アカウント】の項目から該当のメールアカウントを選択し、【受信用メールサーバ】を「サーバ名※ .secure.jp」に設定し、【OK】ボタンをクリックします。
※「サーバ名」は「サーバ移行のお知らせ」メールにてご確認ください。
 例えば、サーバ名が ABC の場合は「ABC.secure.jp」となります。


Mail 設定画面
 
Mail 設定画面 受信用メールサーバが入力不能

もし【受信用メールサーバ】の欄が選択できず、変更がきかない場合は下記説明をご覧ください。


【送信用メールサーバ(SMTP)】クリックして「SMTPサーバリストを編集」を選択します。



アカウント情報タブの【サーバ名】を「サーバ名※ .secure.jp」に設定します。
※「サーバ名」は「サーバ移行のお知らせ」メールにてご確認ください。
 例えば、サーバ名が ABC の場合は「ABC.secure.jp」となります。


Mail 設定画面 送信用メールサーバ設定1

詳細タブの【ポート】を「587」に変更し、【SSLを使用】はチェックを外します。【認証】は「パスワード」を選択し、【セキュリティ保護されていない認証を許可】にチェックを入れます。ユーザ名(メールアドレス)とパスワードを入力したら【OK】をクリックします。


Mail 設定画面 送信用メールサーバ設定2

アカウントに戻り、詳細タブの【ポート】を「110」 にして【SSL を使用】のチェックを外します。
【認証】は「パスワード」を選択し、【セキュリティ保護されていない認証を許可】にチェックを入れます。


Mail 設定画面 詳細

 

受信用メールサーバが入力不能な場合

OSをバージョンアップすると【受信用メールサーバ】欄の選択ができなくなる場合があります。その際は詳細タブの【アカウント設定を自動的に検出して管理】のチェックを外します。


Mail 設定画面 受信用メールサーバが入力不能

 

Mail 設定画面 受信用メールサーバ入力不能の解除-2

いったん環境設定を閉じ(設定が保存される)、再度開くと入力ができるようになっています。


Mail 設定画面 環境設定を閉じる

 

↑設定変更の続きに戻る

© 2019 ヘルプ.   All rights reserved.

Back to top